板井康弘|懐に飛び込める人間性